届出が必要な場合があります

既存と同じものに張り替える(現状復旧)場合は、クロス張替えと大差がないですが、工事中の音が異なります。 階下の方へのご挨拶を忘れずに。 既存が絨毯や畳などからの変更は、注意が必要です。 絨毯や畳に比べ、フローリング床は階下へ音を伝えやすくなります。 マンションの細則などの遮音等級を、必ず確認してください。

フローリング床へ変更したい

マンションは、一戸建てと違い、色々なルールがあります。

「区分所有法」という法律があり、マンションの一部屋を購入すると、「区分所有者」となります。
「区分所有者」は必然的に、そのマンションの「管理組合」の組合員となり、「規約」や「使用細則」を守らなくてはいけなくなります。

マンションの場合、自分の家だからと言って、好き勝手に何でもできるわけではなく、ルールを守る必要があります。
と言っても、普通に生活する上では、特に問題ないでしょう。

ただ、リフォームをする場合、できることと、できないことや、届出が必要なこと、があったりします。
何ができて、何ができないのか、どんな場合に届出が必要なのかは、それぞれのマンションによって違いがあります。
「使用細則」に細かい内容が記載されていると思いますので、まずはよく読んでみましょう。
読んでも良くわからなかったり、詳細が不明な場合は、管理組合もしくは管理会社に問い合わせてみると良いでしょう。

一般的には、お部屋内(専有部)のリフォームで、クロスの張替えなど(現状復旧)であれば、届出だけで済むと思います。
届出は、管理組合(理事長)宛になりますが、届出方法などは管理員さんに聞いてみると、おしえてくれると思います。

リフォームをする場合、多くは工事業者へ依頼すると思いますので、届出の内容によっては、工事業者に協力してもらうと良いでしょう。
また、工事に当たり、ご近所への挨拶も必須ですので、この辺りの協力も工事業者にしてもらうと、助かりますね。

マンションの窓は、原則「共用部分」です

マンションによって、「規約」が異なるため、場合によっては「専有部」としている規約もあるかもしれませんので、お住まいのマンションの規約に倣ってください。 「規約」で「共用部分」となっている場合は、窓の交換は勝手にできません。 共用部の修繕費で交換します。 但し、ガラスを割ってしまった場合は、自己負担です。

コンクリートの壁や床に穴を開けてはいけません

キッチンやトイレ、ユニットバスなどの水回りのリフォームは、最も注意が必要です。 排水や給水が伴うので、機器だけの問題ではないからです。 排水のために勾配が必要なので、床に段差が出ることもあります。 位置が変わらない水回りの交換は、排水等は心配ないでしょう。 水回りの位置を変更する場合は、気を付けましょう。

おすすめリンク